三菱ケミカルホールディングスは太陽日酸を買収し、シェールガスを原料に使う米国の化学工場に窒素などを供給す事業に参入します。

三菱ケミカルホールディングスは太陽日酸を買収したことにより日本の企業で初めて売上高4兆円に手が届き、悲願の米デュポンを超えました。中東から持ってきた原油をもとに国内で化学品を生産する時代は終わりつつあります。