マイケル・E・マン著「地球温暖化論争」には標的にされたホッケースティック曲線などクライメートゲート事件を潜り抜けた新たな闘いへの決意表明が書かれています(京大諸富徹)。